ad

大麻(マリファナ)栽培者、オーガニックに?

April 06, 2016 News

大麻(マリファナ)栽培者、オーガニックに?

「クリーンな」大麻のための農薬の使用と消費者需要の結果として、商業大麻栽培者の間で有機栽培方法を採用する傾向があります。

マリファナビジネスデイリー紙によって行われた調査によると、大麻栽培者の60%は彼らの大麻のすべてが有機栽培だと主張します。さらに 17% は、彼らの大麻の少なくとも半分は無農薬で栽培していると言いました。

大麻は連邦政府レベルでは違法なため、大麻ビジネスは米国農務省から「有機」指定を得ることができません。その結果、栽培者は彼らが有機栽培で育てたとは言えますが、技術的には有機栽培の分類のための連邦政府の基準を満たしていないということになります。彼らの製品が有機栽培であると栽培者が主張している以上、これは有機だと言わざるをえません。 残念ながら、消費者の角度から、それが確かに有機であることを証明するのは困難です。

何かを有機方法で育てる連邦政府の要件は一般的に明確に定義されています。たとえ政府機関から公式の指定を得ることができない場合でも、多くの大麻ビジネスの会社はこのような栽培を実際支持します。

医療用および嗜好用(成人使用)の大麻のユーザーは、特に農薬の使用についてのコロラドでの一連の製品の回収の結果、健康と大麻の安全性にますます興味を持っています。 議員や規制当局は、また、現在重金属で大麻栽培で使用される農薬、溶剤、栄養素の種類を見ています。

彼らが特定の基準を満たすならば、いくつかの大麻ビジネスの会社と組織は栽培者に有機認定を提供するつもりです。

  シェア

   フェイスブックでシェア

  ツイッターでシェア

関連記事

Reviews are closed.

ad

貴方は21歳以上ですか?

年齢を確認して下さい