ad

医療大麻(マリファナ)は処方薬使用を減らすと、研究でわかる

July 10, 2016 News

医療大麻(マリファナ)は処方薬使用を減らすと、研究でわかる

医療大麻が利用できる州では、吐き気や痛みのような症状の患者に対する処方はかなり少なくても大丈夫だと、研究者は水曜日に、承認された治療に医療大麻がどのように影響を及ぼす可能性があるのかについて調べる最初の研究の1つで報告しました。

痛みを治療するすべての薬の処方は、医療大麻プログラムがある州では併せてほぼ6%低下していました。不安症の薬物は5%低下していました。

マリファナ 医療マリファナ 医療大麻 ガンジャ カンナビス PotNavi Potnavi.com

その結果、国のメディケア・データの分析によれば、2013年に医療大麻プログラムがあった州でのヘルスケアの支出は1億6500万ドル以上の減少でした。医療大麻があらゆる州で利用できるならば、経費の削減は全メディケア・プログラムの薬の予算の0.5%と等しくなります。

長年にわたる、絶望的な患者からの嘆願の後、州議員は後に医療大麻プログラムを承認しました。議論は、主に利益の限られた証拠と、危害と乱用に対する懸念に集中しました。医療大麻が患者がすでに受けていた治療をどのように変えるかという議論はほとんどありませんでした。

水曜日に公開される保健省の雑誌『Health Affairs』は、その影響を示唆する最初の1つです。

「州が医療大麻法を始めたとき」食品医薬品局により承認された治療の使用は下がったと、上席著者のジョージア大学の健康経済学者のデイビッド・ブラッドフォードは述べ「彼らは何かを他に置き換えていること-そして、彼らが置き換えている妥当と思われるものは大麻だと示唆している。」

医療大麻プログラムの効果を測定するために、研究者は2013年まで薬用大麻を合法化した17州に加えてコロンビア特別区の処方を集めて調べて、医療大麻プログラムがない所と比較しました。彼らは、大麻からの利益の証拠がある、9つの症状を治療するのに用いられることができる何百もの薬の処方を分析しました。

緑内障と痙性は、各医師によって処方された一日量の平均数は、違いを決定するのには小さすぎます。 しかし、他のすべては、薬用大麻がある州で著しく低かったです: 不安、うつ、吐き気、痛み、精神病、発作と睡眠障害。

対照的に、例えば抗凝結剤と抗生物質などの、医療大麻によって治療される条件に影響を及ぼさない薬の4つのクラスの違いはありませんでした。

24州とワシントンD.C.が医療大麻プログラムを認めましたが、連邦法の下では物質は違法なままで、研究のための利用は非常に限られています。

それがカバーすることができる前に、麻薬としての分類は変更されなければならず、刑事罰を持ち上げ、そして、いろいろな製剤はFDAが処方薬に必要とする同じ厳しい臨床試験を通過しなければなりません;たとえば、一つのジョイントは、少なくとも60の異なるカンナビノイドを含みます。有効性の証拠の現在の不足は、少なくとも部分的に無作為化比較試験の欠如によります。

限られた研究だがほぼ半分の州よる承認を受けて、「我々は大きな、コントロール不良の自然実験のようなものを持っています」と、ジョンズ・ホプキンス・ブルームバーグ校、公衆衛生マネジメントの准教授ブレンダン・サロナーは言いました。

大麻は、例えば時々より強力な薬物への「ゲートウェイ」と思われますが、鎮痛剤として強力なオピオイドの代わりになる場合もあります。

PotNaviのコメント:人々がどのようにより強いオピオイド薬を大麻と置き換えるのかについて気付いてください。これは、ゲートウェイ理論(大麻がより強い薬への入口となるという論)が示唆する、起こるであろうことの正反対のことです。そして、ゲートウェイ理論は、我々が大麻禁止を維持しなければならないと言われる主要な理由の1つです!

記事(英語)がこちら

  シェア

   フェイスブックでシェア

  ツイッターでシェア

関連記事

ad

貴方は21歳以上ですか?

年齢を確認して下さい