ad

アリゾナ州、成人用マリファナ合法化を11月に州民投票にかけられる 

August 12, 2016 News

アリゾナ州、成人用マリファナ合法化を11月に州民投票にかけられる 

アリゾナ州の有権者は、嗜好用マリファナ(大麻)を合法化するか否かを決める態勢にあります。

州当局は、11月の州民投票にかけるための十分な署名が集まったと発表しました。

州民投票は、住民投票事項(イニシアティブ)205として投票用紙に表示されます。

住民投票事項205は、嗜好用大麻を合法化し、薬の売上が課税される認可店を設置することをアリゾナ州の有権者に求めます。これは、コロラド州で成立した体制と似ています。

とりわけ、マリファナ規制課税法は、21歳以上の成人が1オンス(28グラム)までのマリファナを所持することと、家庭で6株までの大麻植物を栽培が許可されます。

「83年前、アリゾナ州の有権者は、失敗した禁酒法を無効にするために投票法案を承認しました。」「我々は、同じように悲惨なマリファナ禁止法を終わりにする機会を得られることでしょう。提案205は、アルコールと同様にマリファナが規制され、課税される、より賢明な制度が成立することになるでしょう。」と Yes 205キャンペーンの議長、J.P. ホリオークは声明で述べました。

PotNaviコメント:

合法化を支持サイドが獲得している票は55%に満たなく、アリゾナ州の有権者によって実際に否決されるかもしれないという懸念が合法化コミュニティの中にあります。

記事(英語)がこちら

  シェア

   フェイスブックでシェア

  ツイッターでシェア

関連記事

Reviews are closed.

ad

貴方は21歳以上ですか?

年齢を確認して下さい