ad

マリファナを与えられ育った豚 

August 26, 2016 News

マリファナを与えられ育った豚 

ワシントン州の養豚家は実験として豚の餌として豚にマリファナ(大麻)を与えています。成人用マリファナはワシントン州では合法なので、豚にマリファナを与えることは違法ではありません。

成人用マリファナが合法になってから、養豚家は大麻の無駄になる部分、残った茎や、根、切り落とした残りなどをいち早く取得しました。それらは人間に使用するようなものではないので豚に与えました。

「肉の味は食べ物を通して良いものにできると常に信じています、だから草を与えられた牛肉は、飼育場の牛肉より味が良いのです。豚の食べ物をコントロールすることによって豚肉の味を良いものにするという長い伝統があります。この実験は素晴らしいものに思いました。」とシアトルの精肉店、ウィリアム・Von・Schneidauは言います。

多くのほ乳類のように、豚はエンドカンナビノイドを持ちます。マリファナの主成分が人間に影響を与える主なものの一つが、食欲を増進させるエンドカンナビノイドを加えることです。養豚家は大麻の葉を与えられた豚が事例になることを期待しました。

4ヶ月間4頭の豚が効き目の強い大麻の切り落とした余りを与えられました。

それらの豚は大麻を与えられなかった他の6頭の豚より20から30パウンド(9キロから14キロ)体重が増えました。

ウィリアムによると、マリファナを与えられた豚は彼の店で早く売り切れになるとのことです。

「私達の客の多くはこのことが、環境に配慮していることと関係があると気がついていると思います。地元の養豚活動がその結果少しずつ上がっています。なので環境配慮と養豚への責任、地元生産肉については推進すべき事柄でしょう。抗生物質とホルモン剤で育った豚の豚肉、それともウォッカ穀物とマリファナの廃棄物で育った豚の豚肉、あなたはどちらを食べたいですか?」

記事(英語)はこちら

  シェア

   フェイスブックでシェア

  ツイッターでシェア

関連記事

Reviews are closed.

ad

貴方は21歳以上ですか?

年齢を確認して下さい