ad

大麻不法所持の容疑で逮捕された鳥取の大麻栽培者について

October 18, 2016 Blog

大麻不法所持の容疑で逮捕された鳥取の大麻栽培者について

私は今、米コロラド州に出張している最中で、そのせいでこの話題に少し乗り遅れてしまった。ご存じない方のために述べておくと、栽培免許を持つ鳥取県の大麻栽培者がマリファナ (乾燥させた大麻) を所持していた容疑で逮捕された。

このことは明らかに大麻取締法に違反している。しかし、私は疑問に感じた。彼が犯した「犯罪」の被害者は誰だったのだろうか? 通常、私たちが何らかの行為を犯罪と考えるのは、誰かが他者の行為によって被害を受けるためだ。しかし、この場合、誰かが被害を受けたのだろうか?

世界の大麻に対する態度は急激に変わってきているが、それでも日本政府は、大きな報道機関の後押しもあり、いまだに非科学的なくだらない大麻に関する情報を信じている。さらに悪いことに、日本政府はこうした非科学的なばかげた情報を根拠に、人々を悪者扱い――あるいは逮捕まで――している。

日本はどこか別の、一昔前の時代から抜け出せずにいる。そろそろ目を覚ますべきだ。

マリファナは中毒性が低く、無害な薬物以上の何物でもない。誰かを死に追いやることもなければ、タバコよりも安全で、議論の余地はあるが、ほぼ間違いなくアルコールと比べてもまだ安全なのだ。

合法大麻は手ごろな価格の自然な医薬品として、そしてアルコールよりも安全で――さらには健康的な――代替品として、日本で大いに活用できるだろう。

  シェア

   フェイスブックでシェア

  ツイッターでシェア

関連記事

Reviews are closed.

ad

貴方は21歳以上ですか?

年齢を確認して下さい