ad

大麻使用はより若い10代の間で急速な低下を続けている

December 28, 2016 News

大麻使用はより若い10代の間で急速な低下を続けている

ミシガン大学が集計した全国規模の調査データによると、自己報告された大麻(マリファナ)の使用率は、若年層の子供の間で低下し続けている。

Monitoring the Future調査の2016年版の結果によると、中学校2年生と高校1年生の大麻使用率は年々減少している。さらに、10代の若者のうち、大麻を手に入れるのがこれまで以上に難しくなっていると自己報告している。 高校3年生のうち、大麻の使用パターンは2011年以来安定している。

ミシガン大学の研究の一環として、約50,000人の学生が毎年調査されている。

1997年以来、自己報告された大麻の生涯使用率は、中学校2年生の44%、高校1年生の30%、および高校3年生の10%の使用率を下回っている。全体的に、マリファナ以外のアルコールおよび違法な薬物の使用率は、歴史的な低水準にある。

米国保健福祉省が今週発表した別の調査データによると、2013年から2015年の間に、大麻が合法化されたコロラド州とワシントン州では、過去10ヶ月間のマリファナ使用率が低下したと報告されている。

米国疾病対策センターなどの連邦政府資金調査でも同様に、州全体での大麻の法律の変更は、青少年の使用の増加に関連していないと報告している。

記事(英語)がこちら

  シェア

   フェイスブックでシェア

  ツイッターでシェア

関連記事

ad

貴方は21歳以上ですか?

年齢を確認して下さい