ad

娯楽用大麻が合法なデンバーで、ユーザーは大麻パーティーの常連ではない — 多くの者が眠りたいだけなのだ

September 20, 2017 News

娯楽用大麻が合法なデンバーで、ユーザーは大麻パーティーの常連ではない — 多くの者が眠りたいだけなのだ

もしデンバー地区の調査が信頼のおける指標であるならば、大麻(マリファナ)ユーザーはパーティーの常連だという一般的なイメージと異なり、その多くは眠りにつきたいだけのようだ。Consumer Research Around Cannabis社によって実施された調査では、大麻使用の理由として、鎮痛効果と睡眠効果を求めてということが判った。

Consumer Researchはデンバーの大都市地区とワイオミング州とネブラスカ州の近隣地区の1,258人の大麻ユーザーを調査した。

この調査では、47.2%の回答者が睡眠を得るするために大麻を購入していたことが判った。不眠症を解消するために大麻を使用することはよくあることであり、眠りにつけると推奨されている品種(ストレイン)がある。

睡眠に問題を抱えている人々の多くが大麻を好んでいる。なぜなら翌朝、意識朦朧状態にならないからだ。これは処方箋なしで購入できる睡眠補助薬ではよく起きる問題なのだ。アンビエンのような処方箋が必要な睡眠補助薬とは異なり、大麻には中毒性もない。

調査された人々の28.5%だけが、大麻を使って友人や家族と楽しんだと述べていた。これより多くの人々(32.8%)が大騒ぎよりも、クリエイティブな目的のため、認識力を高めるため、思考過程のために大麻を使った、と述べていた。

大麻を購入すると言った約47.2%の人々は、慢性的または再発する痛みを治療するためであり、これは大麻購入の動機付け要因として、睡眠のためと1位を2分していた。鬱病や不安感を抑制するために大麻を使用する45.7%が、その後に続いる。

大麻ユーザーたちのもう一つの典型は、彼らが失業しているということだ。デンバー地区では、ほとんどの大麻購入者が常勤の仕事に就いており、共働き世帯で暮らしていることが判っている。約50%が金銭的に楽な暮らしをしていると述べており、今後6カ月間で一層暮らし向きは良くなると考えている。42%が金融商品を保有しており、18%が株式を保有している。19%は100,000ドル以上の預金がある。デンバーの大麻ユーザーの半分以上には、50,000ドル以上の世帯収入があるというデーターがある。

記事(英語)がこちら

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  シェア

   フェイスブックでシェア

  ツイッターでシェア

関連記事

Reviews are closed.

ad

貴方は21歳以上ですか?

年齢を確認して下さい