ad

カリフォルニアで嗜好用大麻が合法となりました

January 01, 2018 News

カリフォルニアで嗜好用大麻が合法となりました

2018年1月1日現在、カリフォルニア州はアメリカの8つの州とワシントンDCに加え、嗜好用大麻(娯楽用、成人使用)において、税制規律州の1つとなりました。

カリフォルニアで合法大麻の購入について 知っておくべきこと

 カリフォルニア州で大麻(マリファナ)を購入したい場合は、大麻販売店を訪れる際に次のものが必要です。

  1. 21歳以上であることを証明する政府発行の写真付き身分証明書(可能であれば、パスポートまたは米国の運転免許証)
  2. 購入するのに十分な現金(大麻商品は大体10ドル前後から)

嗜好用大麻を合法化した米国の他の州も同様です。

PotNaviを使ってカリフォルニアの大麻販売店の日本語ページをこちらでご覧になれます。

カリフォルニア州の大麻に関する規則は、カリフォルニア州の都市毎に異なります。

実はデザート・ホット・スプリングス、オークランドといったほんのわずかの都市だけが、この新しい大麻産業を2018年1月1日から解禁されます。一方、ロサンゼルスではライセンス発行の規定の議論が済んだばかりでこれから発行の手続きの準備が行われていています。つまり、嗜好用大麻の販売自体は1月以降になる見込みです。

また、カリフォルニア州のいくつかの都市と郡では、未だ嗜好用の大麻事業を完全に禁止しています(それぞれ28グラムと6つの大麻の株を所有し、栽培することは合法です)

どこで大麻を使用することができますか?

原則として、大麻を合法化した州では使用を許可する施設がまだないため、民間の住宅のみで使用しなければなりません。近いうちに施設も整うと考えられるが今のところ、法的に使用したい場合は、家の中で行うか、人目のつかない場所で喫煙するか大麻入り食べ物、飲み物、気化器デバイスを利用する必要があります。

もし大麻を所持する場合は見えないよう袋などに入れる必要があります。

法律では、車に乗っている場合はトランクに入れなくてはいけません。

大麻の無料サンプル時代の終わり

カリフォルニア州の医療用大麻店では、初めてのお客様に無料サンプルを提供することがよくありましたが今後は、顧客は、販売業者から無料の嗜好用大麻サンプルをもらえることを期待すべきではありません。少数の例外を除いて、大麻の無料サンプルは法律で禁じられます。

カリフォルニア州でも大麻の品質管理

州法には新しい検査の手続きが必要です。

例えば、大麻供給業者が大麻を出荷をする前に検査場でカビ、残留農薬およびバクテリアのようなものについてサンプル検査しなければならない。検査場では、大麻成分のカンナビノイドの2つであるCBDやTHCのような成分もチェックします。製品にもまた重量とCBDやTHCの含有量を明示するために、ラベルも貼らなければならない。

大麻の使用は安全第一!

初めて大麻を使用する場合、PotNaviには安全な体験を得るのに役立つ数多くの記事があります。

初心者のためのアドバイスはこちら

初体験についてはこちら

購入の仕方はこちら

バッドトリップについてはこちら

マリファナとセックスについてはこちら

大麻の品種はこちら

大麻の栽培はこちら

また、大麻摂取について初心者には大麻入り食べ物が 良い選択ではないことについてはこちら

もし貴方がカリフォルニアを訪問するなら、大麻を購入しなくても 販売店を訪れてみることをお勧めします。 またPotnaviでは皆様の大麻に関する体験談や感想を共有したいと思っています。是非貴方の体験談をお聞かせ下さい

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  シェア

   フェイスブックでシェア

  ツイッターでシェア

関連記事

ad

貴方は21歳以上ですか?

年齢を確認して下さい