ad

カリフォルニア州の大麻販売店

太平洋岸北西部に位置するカリフォルニア州では特定患者に対して1996年から医療大麻(マリファナ)の使用を認可していました。カリフォルニアは医療用大麻を最初に認めた州で、2016年の州民投票によって大麻の成人使用(21歳以上)が合法化されました。嗜好用大麻(娯楽用、成人使用)の販売は2018年に開始される見込みです。

カリフォルニアの医療大麻法は、最近まで、アメリカ国内の大麻市場で最も管理がゆるいとみなされていました。そして、医師たちは他のどの州よりも医療大麻を許容し、薦めています。他の州では医療大麻が認められるのは、慢性的な痛み、HIV/エイズなどのような特定の症状だけです。)

カリフォルニアで医療大麻を合法的に使用するには、まず有効な医療大麻推薦状が必要です。多くの場合この推薦状はメディカルチェックを受けた後に入手できます。現地にはそうしたメディカルチェックをして推薦状を書いてくれるクリニックがたくさんあります。カリフォルニア州の医療大麻推薦状を取得するためにPotNaviがコンサルを行なっておりますので興味あればこちらをクリックして下さい

続きを読む…

カリフォルニアの医療大麻販売店(ディスペンサリー、薬局)の多くはカリフォルニア州発行の身分証(ID)のみ受け付けます。出来る限りPotNaviではパスポートをIDとして使える店を載せていきます。しかしながら 店でもパスポートが有効なIDであるかどうかについての混乱がしばしばあるので、PotNaviは出来れば店を訪れる前に医師の推薦状とパスポートでいいかどうかを電話して確認することをお勧めいたします。

カリフォルニアの医療大麻法はしばしば場当たり的で混乱させられます。州法では所持や栽培の制限は具体的ではありませんが、所持制限には注意すべきだと思います。

以下の行為はいまだに違法です

  • 他州への大麻持ち出し
  • 州認可店以外での売買
  • 21歳未満の人へのマリファナの譲渡および転売
  • 公共の場での使用
  • 大麻使用下での運転 屋外ではマリファナは袋に入れるなどして梱包し、人目につかないようにすること。車内ではマリファナを梱包した上でトランクに入れること。

また連邦政府レベルではいまだにマリファナは違法なため、連邦政府所有の公園、施設、空港においては大麻所持は違法です。たとえ連邦政府所有施設が合法州にあってもマリファナ所持は違法です。もしも国立公園、米軍基地等を訪れる計画をしているならマリファナを所持しないことをお勧めします。少量のマリファナ所持で逮捕されるかどうかはわかりませんが運を試すようなことは止めたほうが無難でしょう。

地図から探す

PotNaviのお勧め

その他の店

ad

貴方は21歳以上ですか?

年齢を確認して下さい