ad

大麻品種

大麻の品種は通常、インディカ種、サティヴァ種、ハイブリッド種の3つの異なるグループに分類されます。ハイブリッド種はさらに、サティヴァ種が支配的なものとインディカ種が支配的なものに分類できます。

インディカ種

インディカ種は身体的な鎮静作用があることで知られており、映画を見てリラックスしたり、夜寝る前に一服したりするのに適しています。

 サティヴァ種

サティヴァ種は通常、気分を爽快にさせ、高揚感をもたらす精神作用があり、身体的、社会的、創作的な活動や行事とよく合います。

ハイブリッド種

ハイブリッド種は異なる品種を掛け合わせて作られたもので、親株から受け継いだ特質によって、インディカ種とサティヴァ種の間のどこかに位置付けられます。

大麻の医療目的の使用

症状や病状の治療のために医療目的で大麻を用いている患者も品種の分類には気を配ります。疲労やうつ病の患者は日中にサティヴァ種を用い、痛みや不眠症の治療

もっと見る…

に使用している患者は夜間にインディカ種を用いることを選択することが多いようです。発作、不安、痛みなどの症状の治療に使用している患者に好まれているCBDを多く含む品種は、どちらの分類のものにもなり得ますが、精神作用は全くないか、弱いものとなります。

大麻の分類学

初期のカンナビス・インディカとカンナビス・サティヴァの分類学上の区別は、植物構造と樹脂の生成に関する差異が最初に注目されるようになった18世紀に遡ります。ハイブリッド種は後に、栽培者が異なる地理的場所の品種を使った遺伝子混合を行うようになってから採用された分類です。

大麻の起源

インディカ種はアフガニスタン近辺のヒンドゥークシ地域を起源とし、その厳しい気候や環境から身を守るために濃い樹脂を付けていると考えられています。サティヴァ種はより赤道に近い温暖な気候でよく育ちます。

大麻の特性

地理的起源の違いに加えて、サティヴァ種とインディカ種の品種には他にも独自の特性があります。

  • 形態学的特性 ― インディカ種とサティヴァ種は見た目に違いがあります。インディカ種は背が低く、しっかりとしていて、幅の広い葉をつけるのに対して、サティヴァ種は背が高く、幅の狭い葉をつけます。
  • 開花時期 ― サティヴァ種の株はインディカ種よりも長い成熟期間を要します。
  • 収穫量 ― インディカ種の方がサティヴァ種よりも収穫量が多くなる傾向があります。
  • 味 ― インディカ種とサティヴァ種とでは味の輪郭が異なる傾向があります。

インディカ

続きを読む

サティヴァ

続きを読む

ハイブリッド

続きを読む

ad

貴方は21歳以上ですか?

年齢を確認して下さい